記事一覧

新歓演奏会(2013/04/09,04/10)

団内特集

〇例年よりも来客数増加 新歓演奏会 学生会館大集会室にて新歓演奏会が行われました。 会場では溢れんばかりの人が演奏を見守り、圧倒されました。 演奏会の後は来場してくれた新入生とともに、食事会が用意され、交流を楽しみました。

文化センター練習(2013/04/07)

活動日誌・コラム

  ○文化センター練習 さて昨日、文化センター練習が行われました。 文化センター練習とは、本番の前に一度定期演奏会の会場となっている 文化センターを終日貸し切って行うもので、当日の流れを確認したり、 また演奏面ではホールでの音の響き方をなどを事前に確認し、 本番への調整をしていく場であります。 この練習が行われた日は4/7で、本番の27日前に当たります。 ○偶然にもこの日は…  この4/7(日)ですが、なんとこの日、偶然にも 同徳島市文化センターで収録された「笑点」の放送日でした。 四国放送開局60周年記念のイベントということで、 ここ徳島での収録という運びになったらしく、 笑点のメンバーの皆さんは徳島を話題としたネタを使用して 来場者を沸かせていました。 ちなみに、キャプチャを用意しましたので参考までに。 ●客席にはたくさんのお客さんが!  私たちの定期演奏会も、このくらいの来場者を...

卒業式演奏、入学式演奏(2013/03/23,04/05)

活動日誌・コラム

 ○徳島大学 卒業式・入学式 私たち徳島大学交響楽団は、定期演奏会も迫ったこの時期ではありますが、徳島大学の入学式と卒業式において演奏を行うのが恒例となっています。これに関しては、徳島大学の総務課の完全バックアップという形になっており、バスで会場まで送迎のバスを用意してくれたり、もちろん楽器を運搬するトラックも用意して頂けると高待遇です。あぁ、定期演奏会もこれほど支援してくれれば助かるのに・・・、とぼやきが。笑  以下に、徳島大学長より送られたメッセージを紹介しておきます。(学長室より引用。今年は以下の2つの式で演奏。) ◆平成25年度徳島大学入学式式辞◆平成24年度徳島大学卒業式・修了式式辞 ○どんな感じで演奏? さて、卒業式と入学式は毎年アスティ徳島で行われます。 今年は、徳島大学の総務課方にお願いをし、入学式での演奏風景を何枚か撮影していただきました。 ありがとうございます!さ...

留学生のサカーチ・アダムさん (2013/03/30)

団内特集

 ○定期演奏会 共演する音楽  音楽は世界共通語である、と誰もが一度は聞くフレーズがありますね。これについては様々な異論があることはさておき、昨今、言葉も文化も違う新しい団員が我が徳島大学交響楽団に入団しました。話す「言葉」は違っても、音楽という「言葉」なら同じようにみんなで楽しめるといことを、まさに示していますね(とりあえず上手いこと言った感じになっています、はい。)。文化の交流が、音楽を通して生まれる通して生まれるのです。NAME :Szakacs Adam(サカーチ・アダム)BIRTH :1980年 7月5日FROM :Magyarország Veszprém megye(ハンガリー・べスプレーム県:リンク先はWikipedia)AGE :32BLOODTYPE: Unknown(「日本人だけだから、それ気にすんの」と名言を残す)HOBBY : Watching a movie (映画を見ること)  アダ...

春合宿(2013/03/16-20)

活動日誌・コラム

  ○合宿場で見つけた“タイタニック” 1997年に公開された映画“タイタニック”。昨年、この映画で使われたオリジナルサウンドを我々徳島大学交響楽団が演奏した経緯もあって、思い入れの深い映画でもありますね。さて先日、このタイタニック号に関してあるニュースが報じられていました。その内容を簡潔にまとめると、「タイタニック号に同船していた楽団が、沈没間際まで演奏を続けていたという有名なエピソードに関して、その楽団長であったハートリー氏が実際に船上で使用したバイオリンが発見された」という内容です。そんな記事をどこで見つけたかと言えば、春合宿2日目にあたる17日、合宿場の1Fにある新聞コーナーでした。  ○毎年恒例 牟岐での合宿 私たち徳島大学交響楽団は毎年定期演奏会の迫った三月頃に春合宿を行って、演奏面での技術向上に努めています。合宿場は、徳島県南部に位置している県立牟岐少年自然の家で行うの...

卒団生、最後の日 (2013/03/04)

活動日誌・コラム

   ○三寒四温の意味  つい先日のこと。パーカッションの後輩から「三寒四温の意味知ってますか」と尋ねられました。寒暖の周期を示す言葉にそんなものがあったな、と思いつつも、「春に近づくにつれておこる気温の変化のこと」と返答。するとシメシメと言わんばかりの顔で「本当は違うんですよ」と言う。調べてみたら、どうやら真冬に使うのが本来の用法らしく、私の意味は語源的には間違っているようでした。(しかしながら現在では、本来の意味から外れる“春先に低気圧と高気圧が交互にやってきたときの気温の周期的な変化”との意味合いで使用されることが多くなり、この意味も許容されているようです。)    ○最後のひと時 追いコン開催   後輩から学ぶことがあると実感しつつも、それ以上に、今まで先輩から学ぶこともかなり多かったと思います。昨日、そんなこれまでお世話になった先輩方を送る「追い出しコンパ(通称:追いコン)」...

イタリアから連想するオーケストラ(2013/02/27)

活動日誌・コラム

○イタリアで総選挙決す  昨日26日にイタリア総選挙が決し、“イタリア改革 黄信号”と各新聞社が報じています。これは改革推進の中道左派連合が下院で辛勝する一方で、上院ではどの政党も過半数を獲得できなかったためです。反緊縮策を唱えるベルルスコーニ前首相率いる中道右派連合が猛追した形となりました。このことは私たち日本に関係のない話ではありませんね。混迷を極めるイタリア金融政策に対して国際市場は過敏な反応を示し、円高が大きく進行しています。これが日本の経済界に大きな影響を与え、アベノミクスも欧州不安によって一掃されてしまう可能性もあるというわけです。○「イタリア」で想像した曲は? 今日の各新聞社のコラムでは、このイタリア総選挙を受けてイタリアに関する記事を書いています。その中でも注目したのが朝日新聞のコラム“天声人語”です。そこには「メンデルスゾーンの第4交響曲はイタリアは、晴朗さに満ちた旋...

徳島大学の二次試験が始まる(2013/02/25)

活動日誌・コラム

  ○二次試験がついに始まる  国公立大学の2次試験の前期日程が25日から始まり、全国161の大学で受験生が試験に臨んでいます。ここ徳島大学も例外ではなく、多くの人が試験に挑んでいるようです。文部科学省によると、ことしの国公立大学の2次試験の出願者は48万9672人と去年より5141人減り、平均の志願倍率は、国立大学が4.4倍、公立大学が6.4倍で、国公立大学全体では去年の4.9倍とほぼ同じ、4.8倍となっているそうです。   ○国立大学で最も欠席率が高い大学は?  産経ニュースに興味深い記事がありました。「23万8千人が受験 国公立大2次前期日程」(2013.2.25 20:52配信)によると、ちょっとばかり不名誉かもしれませんが、欠席率が最も高かったのはなんと我ら徳島大学で、14.8%でした。国立大学における欠席率の平均は、「4・7%」というので、かなり高い数値であることがわかります...

活動日誌・コラムとは?

管理人より

  活動日誌・コラムとは、私達の活動を多くの人に紹介するために新設されたコーナーです。 基本的な更新日は部活のある日(月水土曜日)ですが、不定期です。団内の活動や練習状況、団員へのインタビューやコラム等をここで記事にしていきます。是非見ていってくださいね♪                                               管理人より